20年・30年後も
勝ち続ける強い
会社づくりを支援
【助成金 申請】大塚労務事務所
無料相談

助成金申請の流れ(中小企業基盤人材確保助成金の場合)

(1) 助成金申請要件の確認・申請書類の作成

申請要件を満たす助成金申請に必要な以下の申請書類を準備・作成いたします。

1.中小企業基盤人材確保助成金支給申請書
2.中小企業基盤人材確保助成金雇用状況表及び支給額計算書
3.中小企業基盤人材確保助成金に係る併給等確認表
4.新分野進出等基盤人材確保実施計画(変更)認定・不認定通知書(写)
5.改善計画認定通知書(写)
6. 雇用保険適用事業所設置届事業主控(写)
7. 労働保険概算・確定保険料申告書(写)及び労働保険納付通知書(写)
並びに領収書(写)(当年度及び前年度分又は前前年度分)
8.給与支払い事務所の開設届(写)(税務署の受付印のあるもの)
9.許認可事業(既存事業を含む)の場合は許認可証(写)
(但し実施計画申請書に未添付の場合)
10.対象労働者の雇用保険被保険者資格取得等確認通知書(写)
11.対象労働者の雇入通知書又は雇用契約書(写)
12.対象労働者の履歴書(写)
13. 基盤人材の職歴書(基盤人材本人の証明のあるもの)
14. 基盤人材の資格を証明する書類(公的資格に該当する場合)
15. 対象労働者の賃金受領の証明書類(写)(給与振込依頼書・賃金受領書等)
16.源泉所得税の領収証書(写)(税務署又は金融機関の受付印のあるもの)
17.250万円要件に係る見積書、請求書、領収書(又は振込領収書)の各(写)
及び賃貸借料・フランチャイズ加盟金・リース料等を含む場合は契約書の(写)
18.組織図(従業員の氏名を記載したもの)
19.労働者の代表であることの証明書
20.労働者名簿(写)又は労働者名簿(一覧表形式)又は「事業所別被保険者台帳照会」
21.雇用保険受給資格喪失届事業主控(写)
22.現金出納帳(写)(実施計画申請書申請日の6ヶ月前の日より)
23.通帳等(写)(実施計画申請書申請日の6ヶ月前の日より)
24.その他上記に準ずるもの

(2) 助成金の支給申請

準備・作成した申請書類を、所轄機関に提出します。

(3) 助成金支給申請書の内容の調査・確認

提出した申請書類をもとに、受給要件を満たすかどうかが確認されます。
なお、助成金によっては代表者との面談が必要な場合がありますので、
この場合には面談にご同席いただきます。

(4) 社員の採用

本助成金の対象となる社員を雇い入れます。

(5) 助成金支給決定

上記の調査により受給要件を満たすと判断されると、
申請事業主に対して支給決定通知書が郵送されます。

(6) 助成金の受給

支給決定書に記載された期日までに、助成金が銀行口座に振り込まれます。

(7) 第2期以降の助成金申請

中小企業基盤人材確保助成金等のように、申請が複数期に分かれている場合には
申請書類を準備・作成の上、再度提出します。


[▽]業務内容
[▽]費用
[▽]よくある質問
[▽]お客様の声
[▽]事務所案内
[▽]用語集
[▽]ニュース/セミナー
[▽]無料相談/お問合せ


社労士大塚の業界No.1への道

助成金ガイドプレゼント

venturelog100